カーカーマフラーの焼け取り磨き 中古マフラーの輝きを取り戻す!

カーカーマフラー カスタム・メンテナンス
スポンサーリンク

以前、Two Brothersマフラーの焼け取りをした記事を、友人が読み
マフラーの焼け取り磨きを依頼してくれました。

今回、焼け取りをするマフラーは、KERKER製のメガホンマフラーです。
愛車であるカワサキバイク用に購入したようですが
中古で購入したため、焼けが酷く小傷も多いようです。

今回も、前回と同様にヨシムラステンマジックで焼け取り磨きをします!

マフラーの焼け取り磨きにオススメ!ヨシムラステンマジックの紹介
こちらが前回、マフラー焼け取りを行った記事です。
ヨシムラ ステンマジック使用の解説もしていますので、宜しければこちらもご覧ください!

KERKERマフラーとは

KERKERはアメリカにあるマフラー会社です。

兵庫県神戸市にあるカワサキワールドに展示しているレース車両にも
このKERKERマフラーが装着されていました。

このことから、歴史のある会社でマフラーの性能もカワサキのお墨付きということですね。
KERKERはスーパーバイクレースのバイクも手がけており、確かな実績があります。

カワサキ車に好んで装着する方が多く
レーシングマフラーメーカーですが、メガホン形状でネイキッドバイクのスタイルにマッチします。ZRXやゼファーに装着されているのをよく拝見します。

僕も以前、KERKER製のフルエキマフラーをCB1000SFに装着しており
初めてフルエキゾーストマフラーを購入したのがKERKERマフラーなので
KERKER製品には思い入れがあります。
バッフルを抜くと、しびれるようなサウンドを聞かせてくれました。

マフラーの現状確認

中古のマフラーとは聞いていましたが
メガホン部分は焼けというより、ステンレスのくすみが多いですね。
小さな傷も見受けられます。

KERKERロゴは刻印が薄くなってはいけないので注意して磨きます。

メガホンマフラーはネイキッド好きにの僕には、たまりません!

焼け取りと磨き

今回もヨシムラ ステンマジックで、焼け取りと磨きを行います。

ヨシムラ ステンマジックは、コンパウンドと希硫酸の効果で、マフラーの輝きを取り戻します。

ウエスに少量取り、伸ばすように磨いていきます。
今回は、メガホン形状で面積が大きいため、ポリッシャーを使用して磨きました。

エンブレム部分をポリッシャーで磨くと、磨き過ぎてしまう可能性がありますし
バフが傷つきますので
エンブレムは手磨きで焼け取りを行います。

焼け取りと磨き完了

小傷もくすみも消え、ステンレスの輝きを取り戻しました。

さすがマフラー専用のクリーナーです。
ステンレスマフラーは排熱により、くすみや焼けが発生してしまいます。
綺麗なマフラーを維持するには、定期的に焼けを取らなければなりません。

このヨシムラのクリーナーは、磨いたあと
ステンレスを保護する熱に強い被膜を形成しますので、綺麗な状態を長く保つことができます!

友人に作業完了したマフラーを納品すると、とても喜んでくれました!

皆さんもマフラーの焼けを取り、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

ご通読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました