カスタム・メンテナンス

カスタム・メンテナンス

劣化したヘッドライトをウレタンクリア塗装で復活!新品の透明感に!

ヘッドライトは車の顔ともいえるパーツです。年式の古い車でもヘッドライトとボディが綺麗に保たれていれば、不思議と古さを感じさせません この記事では、劣化して変色やひび割れてしまったヘッドライトをウレタンクリアで新品同様に復元する方法を解説します。
カスタム・メンテナンス

自動車のバッテリーを強化&大容量化ってどんなメリットがあるの??

「冬場に自動車のバッテリーが上がってエンジンが掛けられない・・・」「停車中に電装品を使うとヘッドライトが暗くなる」車を所有しているとそんな症状に遭遇してしまうことがありますよね。 バッテリーの交換によって、ある程度の症状は解消されますがせっかくバッテリー交換をするのであれば、容量の大きなバッテリーに交換してみませんか?
カスタム・メンテナンス

暑い夏の車内を快適に!天井の断熱材貼りで効果的に車の暑さ対策!

夏の暑い日差しの中、駐車していた車に乗ると、車内に籠った暑い熱気に毎回悩まされますね。車内の温度上昇を緩和させるには、ルーフ(天井)の断熱処理が最も有効とされています。 この記事ではHONDA バモスを例にルーフ(天井)の断熱材貼りを解説していきますので、ルーフ断熱の参考になれば幸いです。
カスタム・メンテナンス

LEDヘッドライトバルブの失敗しない選び方とおすすめLEDバルブを紹介

「車のヘッドライトをLEDに交換したいけれど、選び方がわからない・・・」「せっかくLEDバルブを買うのだから暗かったり、壊れたりと失敗したくない!」と考える方が多いのではないでしょうか? LEDバルブがヘッドライトの主流になると共に、安価で粗悪なLEDバルブも数多く存在します。今回はLEDヘッドライトバルブの失敗しない選び方を解説します。
カスタム・メンテナンス

バイクのハンドル交換で理想的なのライディングポジションを実現!

「運転姿勢が前傾でバイクに乗るのが辛い・・・」「もっと楽なライディング姿勢で走りたい」なんて悩みを持つライダーの方は多くいらっしゃるでしょう。バイクのハンドルを変更することでライディングポジションを変えることができます。 この記事では、ライディングポジションに大きく関係するハンドル交換と注意点について解説します。
カスタム・メンテナンス

アルファII ホーンの取り付け 軽自動車が高級サウンドに激変!!

車の警告器であるホーン、使用する機会こそ少ないですが「純正で搭載されているホーンでは物足りない」「もっと高級感のあるクラクションがいい!」そう思っている方も多いのではないでしょうか? この記事ではAmazonで人気ナンバー1のアルファIIコンパクトホーンの紹介と、ホーン取付け方法について解説します。
カスタム・メンテナンス

トルクレンチって本当に必要? DIYのバイクや車いじりの必需品!

タイヤ交換やエンジンオイル交換など、様々な整備で使用するトルクレンチですが、どんな製品を選べばいいのでしょうか?  トルクレンチとはボルトの締め付けを、どのくらいの力で行っているかを計測する工具のことです。自動車やバイクに取付けられている部品は締め付ける力が決められており、その力のことを「適正トルク」と呼びます。
カスタム・メンテナンス

バイクのナンバープレート割れ対策を紹介! 原因はエンジンの振動?

バイクのナンバープレートは常に振動に晒されています。振動の激しいVツインエンジンのバイクは、特に激しい振動に晒され続け、時にはナンバープレートを留めているボルト周辺から割れてしまうことがあります。 割れてしまうと修正は難しいですし、再交付してもらうのも手間ですよね。今回はナンバープレートの割れ防止対策を紹介します。 ナンバープレートホルダーは名前の通り、ナンバープレートをホールドして取付けるパーツです。
エイプ100

エイプ100の最高速度は? 最高速度を伸ばすカスタムも紹介!!

原付二種のピンクナンバーであるHONDAエイプ100は、50㏄バイクのように30㎞の速度制限もなく、50㏄と同程度の車格で扱いやすさに特化した便利な排気量のバイクです。 30㎞の制限がなくなったとしても、通常の車のスピードより最高速度が遅ければ、交通の邪魔になりますし、毎度追い抜きをされるのも怖いですよね。 今回はエイプ100の最高速度についてと、最高速度を伸ばすカスタムについて解説します。
カスタム・メンテナンス

HONDAバモス 黒ボディを傷消しポリッシング 3Mコンパウンド

今回は黒ボディのバモスに小傷が入ってしまいました。どうやら子供がサッカーボールを当ててしまったようで、謝ってくれました。 土汚れかのように見えるのですが、白くなっているのは傷です。軽く洗車をしてさっそく傷消し作業にかかります。 まずは塗装面と傷に付着している埃や砂を除去するため水洗いをします。埃の除去が完了したら、ポリッシングを開始します。
タイトルとURLをコピーしました