マフラーの焼け取り磨きにオススメ!ヨシムラステンマジックの紹介

ヨシムラステンマジック カスタム・メンテナンス
スポンサーリンク

マフラーは高温に常に晒され続け、焼けてしまうので
バイクに乗っている誰しも、マフラー焼けに悩むものですよね。
今回はマフラーの焼けを除去できるクリーナーを紹介します。

ヨシムラステンマジックとは

マフラーメーカーとして有名なヨシムラが販売している
マフラー専用の焼けを取るクリーナーです!

ヨシムラステンマジック

この製品は研磨剤に希硫酸が配合されています。
希硫酸がマフラーの焼けに作用して、焼けを除去できるそうです。

この製品は焼けの除去をしたあとも、焼けを防ぐ被膜を形成してくれます!

マフラーはエンジンが動いている限り、高温に晒され続けていますので
綺麗な状態を保つには、定期的なメンテナンスが必要です。

排気熱で綺麗な焼け色にはならないの?

巷でよく見る、綺麗なステンレス焼けは、人為的にチタン風な青みがかった焼け色を作るため
ガスバーナやトーチなどで焼いています。
焼き色を付ける温度が違うため、エンジンの排気熱では
青みがかった焼けを作るのは難しいでしょう。

ステンレスに綺麗な焼け色を付けるのは非常に難しいのです・・・

ネットではDIYで製作してる方を見かけます。
私もいつか焼けの製作に挑戦したいです。

実際にステンマジックを使用してみる

購入していた、デイトナ675のTwo Brothersのスリップオンサイレンサーに使用します。

このマフラーは中古で購入したため、焼けが酷く、小傷もまばらにあります。
ヨシムラステンマジックの希硫酸+研磨剤の力を見せて貰います。

ヨシムラステンマジックの使用方法ですが
ウエスに少量取り、伸ばすように付け、焼けた箇所を磨いていきます。

焼けが取れた箇所は、ウエスに汚れが付着していますので
ウエスの使用する箇所を変えて磨きましょう。

磨く前はこのように、焼けが激しいです。
特にエンジン側は熱が高く、サイレンサー側と比べると焼けが多い印象です。

この変色したマフラーが、どのくらい綺麗になるのでしょうか?

次に磨いたあとの写真です。

自分でも驚くほど、エキパイが綺麗になりました!

景色が映るほど、ステンレスの輝きを取り戻しました
これは新品同様の輝きと言っても良いでしょう!

この輝きがクセになり、スリップオンから下のエキパイも磨きました 笑

ステンレスは表面を磨くと酸化皮膜と言って、新たな錆に強い膜を形成します。
定期的にステンレスマフラーを磨くことで、綺麗な状態を保つことが出来ますよ!

マフラー用のクリーナーは各メーカーから販売されています。
好みのクリーナーを見つけるのも面白いかもしれませんよ!
皆さんもマフラー磨きに、マフラー研磨剤を使ってみては、いかがでしょうか?

ご通読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました