アイドリングストップ搭載車に普通のバッテリーは使えるの? バッテリーを安く交換するには?

アイドリングストップ対応バッテリー コラム
スポンサーリンク

近年アイドリングストップを搭載している車が増えつつありますが、搭載しているバッテリーは従来のバッテリーとは規格が違います。

アイドリングストップ用バッテリーは従来型のバッテリーと比較して価格に数倍の差があります。
できれば安い方の従来型バッテリーを使用したいと思う方は多いのではないでしょうか?

今回はアイドリングストップ搭載車のバッテリーの違いと、従来型のバッテリーは使用可能なのか解説します。

結論から申しますと、従来型のバッテリーはアイドリングストップ搭載車には使用できません。

なぜ従来型のバッテリーは使用できないのか

アイドリングストップ用バッテリーと従来型のバッテリーでは充電する際の仕様に差があります。

車はセルを回してエンジンを始動する際に多くの電力を必要とします。

アイドリングストップ車は頻繁にセルを使用しますので、次にアイドリングストップして再びセルを回すために、消費した電力を急速に補わなければなりません。

従来型のバッテリーではセルで使用した電力を充電しきるまでに数十分かかるとされています。

しかし頻繁にセルを使用するアイドリングストップ搭載車は大量に電気を必要とするため、急速な充電に対応できるバッテリーである必要があります。
そのためアイドリングストップ用バッテリーは急速充電に対応しており、車側にも急速充電をする機能が備わっているのです。

よって、アイドリングストップ搭載車に従来型のバッテリーを使用しても、急速充電に対応していないため使用することは難しいでしょう。

仮に従来型のバッテリーを搭載して使用出来たとしても、車体側の仕様により急速充電されるため
バッテリーに多くの負荷がかかり、著しくバッテリーの性能を低下させてしまうでしょう。

アイドリングストップ用バッテリーは低下傾向にある?

アイドリングストップ搭載車が世に広まってから、しばらくの期間が経過しました。

アイドリングストップを搭載した車も増えてきましたので、専用バッテリーの需要も比例して高まってきており、以前より安価に入手できるようになりました。

各バッテリーメーカーもアイドリングストップ用バッテリーを開発、販売していますので
さらに安価なバッテリーが開発されることが期待できます。

アイドリングストップ用バッテリーは寿命が短い?

アイドリングストップ用バッテリーは急速充電を頻繁に繰り返すため、バッテリーの寿命は短く設定されています。

従来型のバッテリーの保証期間が3年に設定されているのに対して、同じメーカーのアイドリングストップ用バッテリーは2年と短く設定されている製品がほとんどです。

これは頻繁な急速充電により毎回大きな負荷をかけてしまうため、従来型のバッテリーに比べ寿命が短くなるのは、仕方ない仕様と言えます。

まとめ

アイドリングストップ搭載車に従来型のバッテリーが使用できるのかと、アイドリングストップ用バッテリーの特性について解説してきました。

結論 アイドリングストップ搭載車に従来型バッテリーは使用出来ません!

従来型のバッテリーを使用出来たとしても、車体側の急速充電に対応できないため
負荷が大きく著しくバッテリーの寿命を短くしてしまうでしょう。

各メーカーの開発により、専用バッテリーは安価になりつつあります。

純正で搭載されているバッテリーメーカーだけでなく、他のバッテリーメーカーも開発に力を入れており
高性能で安価なバッテリーが販売されています。

価格に悩んでいる方は、他メーカーのバッテリーも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

ご通読ありがとうございました。

メンテナンスの関連記事
鉱物油? 化学合成油? 車用エンジンオイルの違いについて解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました