LEDヘッドライトのメリットは? 従来のハロゲンバルブとの比較

LEDヘッドライト
スポンサーリンク

近年の車はLED化が進んでおり、ヘッドライトだけでなく
テールランプやポジション球、ウインカーまでLEDを採用しています。

LEDは従来のハロゲン球と比較し様々なメリットがあります。

この記事では、LEDヘッドライトのメリットを解説していきます。

ハロゲン球と比較したLEDのメリット

1 点灯直後から最大光量で照射
ハロゲン球は点灯してから、最大の光量になるまで数秒の時間を要しますが
LEDは瞬時に最大光量で照射できます。
これは点灯する際やハイビームへの切り替え、パッシングで大きな差となります。

2 消費電力が少ない
ハロゲンの消費電力が100W程度であるのに対して、LEDは30W程度で省電力です。

3 カットオフラインがはっきり出る
ハロゲンの光に比べ、光の境界がくっきり表れるので
歩行者や対向車に対して照射しないラインが作れます。

4 発熱が少ない
ヘッドライトが点灯する際には、バルブが発熱しますが
ハロゲン球が60℃程度なのに比べ、LEDは10℃前後です。
これは熱によるヘッドライトレンズの劣化に影響し
高温に晒され続けると劣化を促進してしまいます。

5 長寿命
ハロゲン球が1,000時間程度の寿命なのに対して
LEDは10倍の10,000時間ととても長寿命で、コストパフォーマンスに優れます。

LEDのデメリット

多くのメリットを持つLEDですが、少なからずデメリットも存在します。

1 ヘッドライトの雪が解けない
先ほど解説したように、LEDはハロゲン球に比べ発熱しません
メリットしかないように思えますが
積るような降雪の場合、雪がヘッドライトに付着すると
そのまま積り続けます。

ハロゲン球ならば、発熱で溶かしてしまうのですが
LEDの熱量では溶かすまでに時間がかかってしまいます。

2 光量は十分でも暗く見える
LEDは白く発光する製品が多いため、同じ光量でも色味のせいで暗く見えてしまいます。

LEDバルブの選び方

現在、多くのメーカーからLEDバルブが販売されています。
ネットショッピングで検索すると、膨大な量が表示されますね。

このなかで、自分の車に適した製品を選ぶことが重要です。

1 自身の車に適合しているバルブの規格を確認します。
H4やH7などの規格が存在し、これが適合していないと、取付けは出来ません。

2 性能表を確認し、現在のバルブと比較して同等かそれ以上か確認しましょう。
せっかく交換したのに、以前のヘッドライトより暗いなんてことになると悲しいので
必ず確認しましょう。

選び方としては2つの要素があり、明るさ(ルーメン)と色温度(ケルビン)です。
ルーメンは数字が高いほど、明るくなり
ケルビンは、5000K程度で白く発光し、8000Kを超えると青白い色味になります。

楽天で1位を獲得したLEDヘッドライトはこちら

まとめ

数々のメリットを持つLEDの普及はこれからも広がるでしょう。
省エネルギーの観点からもLEDは高い評価を得ているため
車業界だけでなく、家庭や街頭まで全てLEDになりつつあります。

古い車では、ハロゲン球が主流でしたが
ヘッドライトのLED化をすることによって、省電力化を図るとともに
先ほど述べたようなメリットを得ることが出来ます。

古くなってしまった車をお持ちの方は
是非ヘッドライトをLEDへ交換を検討してみては、いかがでしょうか?
見通し安くなることで、夜間の走行が快適になりますよ!

ご通読ありがとうございました!

バモスのLED化カスタム H4ヘッドライトバルブ交換で省電力化
こちらの記事で実際にLEDバルブへ交換した作業を記事にしております。
宜しければ、こちらも併せてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました