バイク用チェーンの選び方 50㏄~125㏄におすすめチェーンを紹介

バイク用チェーン コラム
スポンサーリンク

バイク用品店でチェーンコーナーを覗いてみると沢山のチェーンがあって困りますよね。
バイクのチェーンは種類が沢山ありますが、選び方を知っていれば愛車に合ったチェーンを見つけることも難しくありません。

チェーンはタイヤやオイルと比べ、バイクユーザーの関心度が低いです。しかしチェーンはタイヤやブレーキと同じく走行するうえで重要なパーツです。

今回はそんなチェーンの選び方について詳しく解説します。

バイク用チェーンの選び方

チェーンは適合するチェーンサイズ・リンク数を確認しましょう。
バイクに適合しているチェーンの確認方法は、チェーンメーカーの適合表から確認できます。

こちらの適合表で車種ごとのチェーンサイズとリンク数を確認できます。
https://mc.rk-japan.co.jp/wp-content/uploads/RK_matchinglist.pdf

アールケー・ジャパン株式会社

簡単にチェーンサイズを確認する方法

現在装着しているチェーンからチェーンサイズを読み取ることが出来ます。

バイク用チェーンの種類

シールチェーン

シールチェーンとは、プレートとプレートの間に潤滑剤が封入されたゴム状のシールが装着されている構造です。
封入された潤滑剤によりメンテナンス頻度が少なくなり、金属の摩耗が減少されることでチェーンが伸びにくくなるというメリットがあります。

しかし、ノンシールのチェーンと比較すると価格は高価になります。

コーティングチェーン

コーティングチェーンはプレートやピンに防錆コーティングを施したチェーンで、錆びにくい作りとなっており耐久性に優れています。注油の頻度も5000㎞に1度で、メンテナンスの手間を省けます。

また、コーティングによってチェーンに色の選択肢があり、車両に似合う色のチェーンを選ぶことが出来るのもコーティングチェーンのメリットの一つです。

チェーンの交換時期はいつ?

チェーンは一定の走行距離を超えると伸びや劣化により寿命を迎えます。

チェーンの交換時期は10,000㎞~15,000㎞と言われています。
しかし、適切なメンテナンスを行わなければ10,000㎞以下でも交換が必要になります。

定期的なメンテナンスによってチェーンの寿命を延ばすことも出来ますので
チェーン清掃や注油を心掛けましょう。

チェーン清掃の手順を詳しく解説しています。宜しければ併せてご覧下さい。
バイクのチェーン清掃 チェンシコの重要性を解説 必要な道具は?

50㏄~125㏄におすすめのチェーン

50㏄~125㏄におすすめのチェーンを使用シーンや目的別に紹介します。

EK 強化ノンシールチェーン 420SR 106L

この製品はノンシールチェーンで低価格です。
通勤・通学がメインで、とにかくコストを抑えたい方におすすめのチェーンです。

価格の低いチェーンですが高熱処理を施し高い耐久性を誇り、安心して使用できます。

RK BL420MRU 100L チェーン

ツーリングや高速走行を多用する方におすすめのチェーンを紹介

このチェーンはライトウェイトスポーツ向けに開発されたシールチェーンで、独自のシールリングにより長期間、潤滑性を維持しフリクションを軽減します。

ノンシールチェーンと比較すると高価なチェーンですが、独自のシールリングとコーティングにより、高い耐久性を持ち、コストパフォーマンスに優れます。

電着塗装のコーティングによりカラーバリエーションが用意され、ブラック ゴールド シルバーのカラー展開がされており、車両イメージに合ったカラーを装着することで、バイクの外観を損ないません。

まとめ

バイク用チェーンの選び方と50㏄~125㏄用チェーンを紹介してきました。

バイクに適合するチェーンサイズ・リンクは、チェーンメーカーの公式サイトや、装着しているチェーン側面から確認できます。

チェーンにはシールチェーンやコーティングチェーンなどの種類があり、耐久性やメンテナンス頻度が異なります。しかし付加価値の高いチェーンは価格も高くなる傾向にあります。

コストを重視する方にはノンシールチェーン、高い性能と耐久性を求める方にはコーティングチェーンやシールチェーンが適しており、バイクの使用目的によってチェーンを選ぶことが大切です。

ご自身のバイクに適したチェーンを見つけて、快適なバイクライフを!

ご通読ありがとうございました。

バイク用チェーン関連記事
バイクのチェーン清掃 チェンシコの重要性を解説 必要な道具は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました